読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしくシンプルに

自分のペースでシンプルライフを楽しみます。現在インピザライン矯正記事多めです。

親知らず3本同時に抜歯。初入院体験記

7/12、13に入院して親知らずを3本抜歯しました。

以前の記事→<歯列矯正はじめます>

抜歯手術までは何してる?


手術は15時からですが、受付は10時とのこと。
受付が終わると該当階の看護師さんが迎えに来て病室に連れて行ってくれます。

病室では『入院の案内』というビデオを10分くらい見ました。
そのあと血圧と体温測って抗生物質の点滴です。

初点滴なので内心ドキドキ。
左に刺す気満々の看護士に「右利きですか?」と聞かれてので、
「左利きです」と答えたが、先生が右から処置するという理由で左に刺される。
……聞くなよ。

最初は針が刺さっていることと体内に水分が入る感覚で、なんか違和感がある。
30分ほどで慣れた。

これ以降の飲み食い禁止。

昼食抜きはネット情報で想定していたので、食べ慣れる朝ごはん食べてました。
他のベットのご飯の香りも苦じゃない(笑)

途中で事務の人が薬を持って来たが、それ以外は15時まで放置される。

14時半ごろに担当の看護士さんが迎えに来る。
点滴を押しながら歩いて口腔外科まで行く。

いざ抜歯


麻酔が静脈沈静法なので、歯医者に普通にある処置椅子で手術。
心拍数や血中酸素量チェックする機器をつけてもらう。
ぜんぜん緊張していない心拍数だったので、先生に褒められる(笑)

麻酔前に、先生から説明を受ける。
腕がピリピリするとか喉が熱くなるとか。

実際には腕がピリっとして、徐々に肩辺りまで血管に沿って違和感がある感じ。
「ここに血管があるのか~」などと思ってると、
喉が強めのアルコール飲んだときのように熱くなる。
そのあとは、食前酒飲んだ程度にふわっとしていて、腕も喉も違和感なし。

いよいよ抜歯。
部分麻酔を注射されたかも知れないけど、よくわからず。
あのクッソ痛い部分麻酔が分からないって、静脈沈静法スゲェ(笑)
今思えば、左上抜いたときみたいな、顎や頭蓋骨のミシミシ音もなかった(気がする)。

右下に物凄く苦戦したらしく、
先生いわく「おっさんより苦戦した」
年齢が上になると、歯がしっかり固定されてしまうので、抜きにくいみたいですね。

手術は1時間弱くらい。
感覚的には右下30分、右上5分、左下20分かな。

帰りは車椅子です。
小学校のときに遊んで以来の車椅子(笑)

2時間は麻酔が効いているので、トイレ行く時はナースコール。床の物を拾う時に頭から突っ込んだりするから注意とのこと。

手術後、寝るまで


少ししてから、止血ガーゼ取るために看護士さんが様子見に来る。
既に口が開けづらく、自力で外せず。

血が出てきたら飲み込まずにティッシュに吐き出すように言われ、小さいゴミ箱が枕元に置かれる。
ほとんど血は出ず、ティッシュは退院までに2枚くらい使っただけ。

18時に夕食。
食べる前に検温、血圧、傷口チェックとうがい。

メニューはお粥と味噌汁、魚らしきものを潰したものと大根おろし等、なかなかのボリューム。
口が開かない&閉じないので、ティッシュ必須。
噛んだほうがいい食事(きざみ食)だったけど、怖かったので、ほぼ噛まずに飲み込む。

食後にうがいに行って鏡を見たら顔が変形していた。
ズキズキ痛いというより、腫れてると分かる感覚。

のんびりしていて、ふと腕を見ると、血が逆流して管が真っ赤になっている。
びっくりしてナースコール。
点滴を外してもらえたので、この間に着替え。

寝る前にまた点滴。消灯後に外してもらう。

翌日、退院まで


同室の方々が活動しだして目が覚める。
7時に検温と血圧測定と傷チェック。

8時に朝ごはん。
久しぶりに牛乳飲んだ。
8時半に診療なので、急ぎ気味に食べる。

自分で歩いて口腔外科まで行く。
消毒と、糸一本抜いてもらう。
一週間後の抜歯の予約を入れる。

やっぱりそんなに痛くない。
毎食後に痛み止め飲んでるおかげかな。

病室で看護士さんから退院後の過ごし方の紙をもらう。
食事、運動、入浴の注意しか書いてなくて拍子抜け。

左上を別の場所で抜いた時は大声、くしゃみ、鼻かみ、激しいうがい、ストロー禁止だったのに。

受付で会計をして退院。
今回の費用は一泊二食で32,130円。(保険適用)
この病院はクレジットカード使えたので助かる~。

ちなみに、点数で想像すると、
抜歯1万円、入院費2万円くらいの内訳です。

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村