読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分らしくシンプルに

自分のペースでシンプルライフを楽しみます。現在インピザライン矯正記事多めです。

醤油を期限内に使い切るためのワザ

またしても、賞味期限内に醤油を使い切れませんでした……。
最後のほうは酸化して味が濃くなって、分量どおりだと味が濃くなる。できれば期限内に使い切りたい。

購入後、どのくらいで使い切ればいい?


そもそも、いつまでに使いきればいいか理解していないので、スーパーで調査しました。

買う候補のメーカーの賞味期限を見ると、
1年と2ヶ月くらいが期限でした。
1年で使い切らなければなりません。

自分はどのくらい醤油を使う?


ここは本当に不明なので、MAX値を計算してみます。

1年間、毎日肉じゃがを食べた場合。

最近は土井善晴さん流で作っているので、それを基準にします。
4人前で醤油大さじ5でした。

大さじが15mlなので、1回(4日分)で75mlを使います。
1年で、91.25回肉じゃがを作ります。(365÷4)
年間、6843.75ml→約7Lの醤油を使うことになります。

多いもので計算しましたが、多すぎですね(笑)

現実的には肉じゃがを月イチ、それ以外の醤油使用を考えて、
月1.5回の肉じゃが換算が妥当ですかね。

ということで、
月に112ml→年間1350ml
1Lのボトルを買えば、ちょうどよさそうです。

賞味期限より大切な鮮度


醤油の味が開封とともに濃くなる原因。それは酸素です。
ヤマサのページが分かりやすかったです。→<こちら>

空気に触れないボトルを展開しているのは、
かるーく検索すると、
ヤマサキッコーマンが出てきました。

普通のボトルだと一ヶ月でかなり酸化しています。
"ヤマサ鮮度の一滴"の場合だと、180日鮮度をキープできるらしい。
キッコーマンの"いつでも新鮮"シリーズは90日キープです。

ということは、先ほどの現実的バージョンの肉じゃが換算で、
ヤマサを買うなら、670ml
キッコーマンなら340ml

どちらも一番小さいサイズがよさそうですね。
キッコーマンなら330mlボトルがよさそう。

真空ボトルの弱点?


実は、すでにオリーブオイルは真空ボトルのを買っているので、
その効果を体感しているのですが、
ちょっと気になることがあります。

なくなるのがいつか分かりづらい。

普通のボトルなら残り1cmくらいになったら買えばいいのですが、
真空ボトルは、真ん中に向かって縮んでいくので、タイミングが難しい。

まぁ、慣れですかね。

こんな計算しておきながら、
まだ醤油は3cmくらい残っているのですが(笑)


オリーブオイルはコレを使っています。
香り長持ちでお気に入りです。
口も液だれしにくいです。