自分らしくシンプルに

自分のペースでシンプルライフを楽しみます。現在インピザライン矯正記事多めです。

税金や公共料金をnanacoで払おう

恐怖の自動車税の月になる前に、
少しでも安くならないか考えました。

ステキなモバイnanaco


グーグル先生に聞いた結果、
バイnanaco×クレジットカード
という運用にすることにしました。

カードを増やしたくないということもあり、モバイnanacoです。
NFC付きAndroid万歳!

スマホedySuicananacoと入っているので、
紛失しないように気をつけないと(>_<)

どれだけのポイントをGETできるか


税金や公共料金の支払いでは、
クレジットカードからnanacoにチャージした分のポイントのみゲットできます。
(残念ながらnanacoのポイントは入りません)

私の前年額の39,500円をnanaco払いする場合、
リクルートカードでnanacoチャージしているので、
1.2%分のリクルートポイント474ポイントが貰えるわけです。

コンビニに行かなくても、クレジット払い可能


自治体によっては自動車税のクレジットカード払いが出来るのですが、
手数料がかかります。(私のところは315円)

コンビニまで行くのが面倒で、
「少しでもポイント入ればOK」という人はこれでもいいかもしれないです。

まぁ、私は嫌ですけど(笑)
もらえるものはガッツリ頂きます。

水道代もnanacoで払う


nanacoは、同じように水道代の支払いも出来るらしい。
こちらは私の場合、15ポイント/回くらい。
2ヶ月毎の支払いなので、90ポイント/年。

あれ、思ったより少ない……(汗)
支払っている額が2千円以下/回なのでしかたないか。

1回1万近く払っている人だと年間約700ポイントもらえます。

ただし、水道代や電気代は
自治体によって口座振替のほうが割引できる可能性があるので、
そこは要チェックです。