自分らしくシンプルに

自分のペースでシンプルライフを楽しみます。現在インピザライン矯正記事多めです。

がんばらずに、服塚をなくす方法

我が家には以前、服塚が存在してました。
それどころか、実家にいた頃は汚部屋の住人でした。

服塚の原因

室内物干し場から必要な服を毎日チョイス。
次の洗濯のときに、物干し場に余っているものをタンスの上に放置。
これを繰り返して、タンスの上に地層ができてました。


そして、来客時だけ必死に片付ける(笑)

服塚が消えた訳

単純なことで、服塚がなくなりました。

がんばらなくなった。
それだけです。

タンスに入れるときって、某ときめく人のようにしっかり畳んで(自立するように)、服を立てて、キレイに収納しなければならないと、無意識に思っていたのでしょう。

そんながんばる必要なしです。

ハンガーにかかっている物はハンガーのまま保管でOK
畳むのは2回くらいでOK
タンスには畳んだそのままつっこんでOK

利き脳で片付け

私の場合、利き脳が右右脳タイプなので、
詰め込む方法が合っているのかも知れないです。

あなたの利き脳は?チェックしてみよう。

 ちなみに上のリンクから右右脳を抜粋しますと、

超感覚派。直感とひらめきで行動し、物事を判断するときも感覚や感情を重視する。このタイプの人は、使ったあと元の場所に戻すのが苦手。モノの出し入れの際、動作が多すぎると面倒臭くなってしまう。結果、モノを片づけず、出しっぱなしにして使うことが多い。また、感情を重視するので思い入れが強く、モノを捨てるのも苦手だ。

もう、余計なお世話だと思うくらい当たってます(笑)

コツは、"ちょっとだけやってみる"

ちょっとだけやってみようと気持ちを切り替えると、案外出来ちゃうものです。
"これだけ"って思えば腰が重くならない。

しかも一度動いてしまえば、案外、はじめに決めた"これだけ"より動けちゃいます。

成功体験は小さいものから積み上げていくとラクにできちゃうものですね。

まずは動いてみること!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ